トヨタのT-UP

トヨタの買取店

T-UPの「T」はTOYOTAの「T」です。

 

そうです、T-UPはトヨタのディーラーが運営する自動車買取を行うところです。

 

そもそも、T-UPは、トヨタのディーラーで新車を買う時に出る下取り車を販売することから始まったもので、本来はトヨタの中古車販売部門「U-Car」として機能していたもので、T-UPに関しては後から追加されたサービスなのです。

 

店舗に並んでいる中古車のほとんどはそのディーラーや系列店などで下取りしたものですので、トヨタ車が多いのですが、買取に関しても、何もトヨタ車専用の買取店ということではありません。

 

T-UPの店舗に行ってみるとわかるのですが、昔のライバルである日産車や仲良しのスバル車、子会社のダイハツ、それ以外にも三菱やスズキ、外国産車まで並んでいるのです。

 

こういった自動車メーカー付きの買取店となると日産車や三菱車よりもトヨタ車の方が高く買い取ってくれると思ってしまいがちですが、買取に関しては他社メーカーの車でもそれほど変わりはないようです。

 

ただ、逆にそういった思い込みを利用して、他の買取専門店などではなく、トヨタの買取だからといってT-UPに車を持ち込ませるという心理的な作用を使っているというのも事実です。

 

車や状態によっては他の買取専門店の方が高く買い取ってくれることも多々あるので、安易にトヨタ車を売りたいからということでT-UPに行くことはないと思います。

店舗数が半端ではないT-UP

T-UPは、他の買取店のようにあえて店舗を構えることがありません。

 

それはすでにディーラーとして日本全国に店舗を持っているからです。

 

T-UPのほとんどはディーラーとして機能している店舗を使っており、ほとんどのところでは中古車を置くスペースすら用意していないところもあります。

 

そういうところではT-UPの看板だけで、U-Carの看板はなく、もっぱら買取だけ行うことが多く、販売はその地域にあるほかの大きな敷地を持つ店舗で展示することになります。

 

すべてのトヨタディーラーがT-UPを扱っているわけではありませんが、店舗数は買取専門店の老舗といわれるところよりもはるかに多くなっています。

 

そしてもう一つのメリットですが、整備状態がばっちりだということです。

 

ディーラーに付随する形で作られるT-UPは当然のごとくそのディーラーの整備工場でトヨタのメカニックによって整備されます。

 

やはり町の整備工場と違ってディーラーのメカニックというのは自動車メーカーの看板を背負っているので責任は重大でそれが中古車の整備だとしても同じ店舗で販売されるということは新車と同じことなのです。

 

特にトヨタの車であれば、補修部品もすぐに手に入れられますし、特殊な整備の仕方も熟知しています。

 

新車の点検と同じ感覚で整備が行われているので信頼性は抜群でしょう。

 

そういった点を重視し、トヨタの車を中古車で買おうという方は間違いなくU-Carで中古車を買った方がいいですし、手放した後でも大事に扱ってほしいと思っている方はT-UPで車を売った方がいいでしょう。

 

車売るなら

更新履歴